パチンコホールがパチンコ依存症を作る

パチンコを目にしない日はない

 

パチンコ屋は駅前の一等地にあります。

 

駅にはでかでかと
「新台入れ替え」
「新装開店」
「お客様サービスデー」
などとポスターが張られています。

 

会社に行く前に、パチンコ依存症の人の頭の中には、
パチンコをやりたい気持ちが芽生えてきます。

 

電車の中吊りにもパチンコホールの広告。
満員電車の中では身動きもできず、
パチンコの広告が嫌でも視界に入ってきます。

 

仕事が終われば、朝からパチンコのイメージを頭に植え付けられた、
私達はパチンコをしたくて仕方ありません。
家にまっすぐ帰ることは難しいですよね。

 

これは、普通に生活をしていても、
パチンコのことを思い出させてやろう。
頭の中をパチンコでいっぱいにしてやろうという。
パチンコホールの思惑にやられているんです。

 

さらに、パチンコの余り玉を貯めるために、
パチンコホールの会員になっている人は、
頻繁にメールが来るのではないでしょうか?

 

「緊急イベント開催!」
「今日は冬ソナが熱い!」
そんなメールをジャンジャン送って、
私達の頭で、パチンコの快楽を再現させようとしているんです。

 

パチンコホールは私達の生活に侵食することに成功しています。
パチンコを目にしない日はありません。
外にでて、パチンコを意識しないことは無理なんです。

 

パチンコをやめたい!
意志の力だけでやめたい!

 

そう思っても、挫折してしまうのは仕方ありません。
私達のパチンコをやめたい!という強い思いを打ち砕くことなんて、
パチンコホールにとってはとても簡単なことなんです。

 

本サイトでは、パチンコをやめたい人が
パチンコを打ちたくなる気持ちを起こさないように、
パチンコに関する画像を使用しておりません。
安心して、サイトを閲覧してください。


パチンコホールがパチンコ依存症を作る関連ページ

パチンコ雑誌がパチンコ依存症を作る
パチンコは業界全体で、パチンコ依存症の人がパチンコをやめられない仕組みを作っています。それに気付かず私達はパチンコをやらされつづけます。カラクリに気づいて、パチンコをやめましょう。
パチンコメーカーがパチンコ依存症を作る
パチンコは業界全体で、パチンコ依存症の人がパチンコをやめられない仕組みを作っています。それに気付かず私達はパチンコをやらされつづけます。カラクリに気づいて、パチンコをやめましょう。
テレビや新聞がパチンコ依存症を作る
パチンコは業界全体で、パチンコ依存症の人がパチンコをやめられない仕組みを作っています。それに気付かず私達はパチンコをやらされつづけます。カラクリに気づいて、パチンコをやめましょう。