テレビや新聞がパチンコ依存症を作る

パチンコ業界は良いパトロン

 

新聞にパチンコ屋の新装開店のチラシが大量に挟まっていませんか?
新聞の下一面にもパチンコの広告。
最近では、テレビにもパチンコメーカーのCMが流れる始末。

 

一昔前には、パチンコ=ギャンブルだから、
広告は規制しようという倫理協定がありました。

 

それもメディアが景気の良かった話です。
今は、テレビ業界も広告収入がネットに奪われ、
倫理よりも売上を優先しています。

 

パチンコ業界は、私達パチンコ依存症から巻き上げたお金で潤っていますから、
テレビ業界へ広告費を大量に落とせます。

 

パチンコメーカーがCMをやっても意味は無いですよね?
パチンコメーカーのお客さんは街のパチンコ屋さんですよ。
なのに、テレビCMをするのは何故でしょうか?

 

ブランド認知?
違います。
パチンコ屋さんに直接働きかけるほうが、
売上に貢献します。

 

パチンコメーカーがTVCMを行う理由、
それはパチンコをやめたいと思い立った人の気持ちをくじくためです。

 

パチンコで大負けして、本当にパチンコをやめたいと悔い改めた人の信念を折るのが目的です。
自宅の風呂あがり、警戒心が緩んだところで流れるパチンコのCM。
パチンコ依存症は、それだけでパチンコをやりたくなってしまいます。

 

もしも、本気でパチンコを辞めたいなら、
まずは1週間、完全にパチンコをやめることです。

 

この1週間を達成するのがもっとも難しいのです。
1週間パチンコをやめることができたなら、
あとはパチンコをやめることは比較的簡単です。

パチンコをやめたいと思ったら、テレビは見ない

 

パチンコを本気でやめたいと思ったら、
パチンコに関係する情報を全てシャットアウトしてください。
テレビ、新聞、ラジオ、ネット、スマホ。

 

ほぼ情報が入らない状態ですが、
パチンコの広告は日常のいたるところにあります。

 

パチンコ業界がマスメディアに広告費を投入し続けている結果です。

 

私達がパチンコを辞めたいと思う気持ちをくじくことに成功しています。
本当にパチンコを辞めたいなら、1週間完全に情報を裁ちましょう。
パチンコに関する情報に触れなければ、急にパチンコをしたくなることも減るでしょう。

テレビや新聞がパチンコ依存症を作る関連ページ

パチンコホールがパチンコ依存症を作る
パチンコは業界全体で、パチンコ依存症の人がパチンコをやめられない仕組みを作っています。それに気付かず私達はパチンコをやらされつづけます。カラクリに気づいて、パチンコをやめましょう。
パチンコ雑誌がパチンコ依存症を作る
パチンコは業界全体で、パチンコ依存症の人がパチンコをやめられない仕組みを作っています。それに気付かず私達はパチンコをやらされつづけます。カラクリに気づいて、パチンコをやめましょう。
パチンコメーカーがパチンコ依存症を作る
パチンコは業界全体で、パチンコ依存症の人がパチンコをやめられない仕組みを作っています。それに気付かず私達はパチンコをやらされつづけます。カラクリに気づいて、パチンコをやめましょう。