パチンコをやめさせないカラクリ

パチンコ依存症は作られている

 

パチンコホール、パチンコメーカー、警察、パチンコ雑誌、報道機関、
彼らはグルになってパチンコ依存症の人を作り・治療を阻んでいます。

 

彼らの手口は巧妙です。
カラクリを理解すれば、生半可な気持ちでは
パチンコをやめられないと理解してくれるはずです。

パチンコをやめさせないカラクリ記事一覧

パチンコホールがパチンコ依存症を作る

パチンコ屋は駅前の一等地にあります。駅にはでかでかと「新台入れ替え」「新装開店」「お客様サービスデー」などとポスターが張られています。会社に行く前に、パチンコ依存症の人の頭の中には、パチンコをやりたい気持ちが芽生えてきます。電車の中吊りにもパチンコホールの広告。満員電車の中では身動きもできず、パチン...

≫続きを読む

 

パチンコ雑誌がパチンコ依存症を作る

パチンコをやめさせまいとする存在として、パチンコ雑誌が挙げられます。彼らは、「パチンコで勝つ(儲ける)ことができる!」という教育を私達に行い、パチンコ依存症を作り出しています。私達が「パチンコは勝てない!パチンコをやめたい」と思っても、心の底では、しっかりやれば勝てるはずという幻想をいだいてしまうの...

≫続きを読む

 

パチンコメーカーがパチンコ依存症を作る

パチンコメーカーは、もちろんパチンコ機を作ることが仕事です。いかに人を魅了して、いかにパチンコホールに稼がせるか。これだけを考えてパチンコ機を作っています。パチンコメーカーは、私達に遊ばれるパチンコ機を作れなくなったら、倒産してしまうのです。そのため、人をパチンコに魅了する方法。誤解を恐れずに言って...

≫続きを読む

 

テレビや新聞がパチンコ依存症を作る

新聞にパチンコ屋の新装開店のチラシが大量に挟まっていませんか?新聞の下一面にもパチンコの広告。最近では、テレビにもパチンコメーカーのCMが流れる始末。一昔前には、パチンコ=ギャンブルだから、広告は規制しようという倫理協定がありました。それもメディアが景気の良かった話です。今は、テレビ業界も広告収入が...

≫続きを読む